感染防止やテイクアウト・デリバリー等新規性のある取組、インバウンド観光客の
受入環境整備など、「前向きな取組」を行う飲食店を応援する助成金です!

新型コロナの影響に加え、原油価格や物価の高騰が続く中、社会経済活動の両立を図るとともに、
広島サミットに向けたインバウンド観光客の受入環境整備など、県内中小飲食事業者が取り組む
下記のような前向きな事業活動を後押しするため、経費の一部を助成します。

前向きな取組例 ①感染拡大防止に向けた取組
 ・高機能換気設備  ・消毒用アルコール液やディスペンサー
②新規性のある取組
 ・キャッシュレス決済やモバイルオーダー
 ・テイクアウトやデリバリー
③広島サミットに向けた(インバウンド観光客)受入環境整備
 ・英語のメニュー  ・トイレの洋式化
 ・ヴィーガン料理等の新メニュー開発
助成対象者 広島県内に主たる事業所を有し、県内で飲食業を営む中小事業者
(個人事業主含む)
助成上限額 1事業者当たり 30万円
(下限額:10万円、助成率:10分の9以内)
事前申出書
提出締切
令和4年12月28日(水)
対象期間 事前申出完了通知日から令和5年4月28日(金)まで
(最長4か月間)
※ 事前申出完了通知日より前で、令和4年7月1日以降に着手した
  取組についても、契約・支払が確認できれば助成対象になります

チラシ

申請の流れ、申請に必要な書類についてはこちら(公式HP)をご覧ください。
(公式HPの公開は10月17日(月)からです)

 

<お問合せ先>
 飲食事業者チャレンジ応援事業事務局(10月17日(月)より開設)
 TEL:082-248-6872(受付時間(平日のみ) 9:30~12:00・13:00~17:00)