広島県の新型コロナ感染拡大集中対策の重点区域に尾道市が指定され、
8月20日(金)よりまん延防止等重点措置、8月27日(金)より
緊急事態宣言が適用されます。
それに伴い、区域内の飲食店に対し、県より休業・時短営業が要請されています。
協力店舗へは支援金が給付されます。

広島県への緊急事態宣言の適用と
飲食店への時短営業要請について【R3.9.10追記】

広島県の早期集中対策やまん延防止等重点措置により、飲食店に対し、時短営業が要請されていましたが、
8月27日(金)より緊急事態宣言が適用されるにあたり、酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店に
対しては、原則、休業が要請されます。

  集中対策期間    :令和3年8月6日(金)(先行実施されている市は7月31日)9月12日(日)
   ※ 早期集中対策の内容についてはこちら(8月5日知事会見)をご覧ください
  まん延防止等重点措置:令和3年8月20日(金)~ ※ 8月27日(金)より緊急事態宣言に切替
   ※ まん延防止等重点措置の適用についてはこちら(8月17日知事会見)をご覧ください
  緊急事態宣言    :令和3年8月27日(金)~9月12日(日)
   ※ 緊急事態宣言の適用についてはこちら(8月25日知事会見)をご覧ください
   ※ 9月13日(月)~9月30日(木)の緊急事態延長分については協力支援金(第5期)についてをご覧ください

県の要請に協力した店舗には、協力支援金が支給されます。
協力内容等の詳細については下記「広島県感染症拡大防止協力支援金(第4期)について」をご覧ください。

 

広島県感染症拡大防止協力支援金(第4期)について

対象期間 <期間A>
 令和3年8月4日(水)~8月9日(月)
 (対象エリア:広島市、三原市、廿日市市)
<期間B>
 令和3年8月10日(火)~8月19日(木) 10日間
 (対象エリア:広島市、三原市、廿日市市、呉市、尾道市、福山市、府中市)
<期間C>
 令和3年8月20日(金)~8月26日(木)  7日間
 (対象エリア:広島市、三原市、廿日市市、呉市、尾道市、福山市、府中市、
                 竹原市、東広島市、府中町、海田町、坂町)
<期間D>
 令和3年8月27日(金)~9月12日(日) 17日間
 
(対象エリア:県内全域
対 象 者 <全期間共通>
①対象エリア内に所在している飲食店。
②「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」で
 あること。
<期間A・B>
①飲食店営業許可「1類」または「3類」を取得し、屋内に常設の飲食スペースを
 設けていること。
②要請前の時点で酒類を提供しており、かつ20時から5時までの間に営業していること。
 (閉店時間が20時以降であること。)
※もともと酒類を提供していない飲食店、もしくは20時より早くに閉店していた
 飲食店は対象外です
<期間C・D>
①飲食店営業許可「1類」または「3類」もしくは喫茶店営業許可「1類」を取得し、
 屋内に常設の飲食スペースを設けていること。
②要請前の時点で「酒類の提供」、「カラオケ設備の提供」、「20時から5時までの
 間に営業している(閉店時間が20時以降)」のいずれかに該当すること。
支給要件 <全期間共通>
1日でも通常営業(20時を超えて営業)を行った場合、支給不可
・店舗営業を休業してもテイクアウト・デリバリーで営業した場合、時短扱い
<期間A・B>
・全ての日において休業した場合のみ、休業での申請が可能
・20時までの時短営業(酒類の提供は11時~19時)を行った場合、時短での
 申請となります(休業した日と時短営業した日がある場合、全て時短扱い)
※ 飲食を主としている店舗は、期間の全日、カラオケ設備の提供を自粛することが要件
  (但し、カラオケボックス等のカラオケを主とする店舗を除く)
<期間C>
・全ての日において休業した場合のみ、休業での申請が可能
・20時までの時短営業(酒類の提供なし)を行った場合、時短での申請となります
 (休業した日と時短営業した日がある場合、全て時短扱い)
※ 期間の全日、酒類を提供しないことが要件。カラオケ設備については期間A・Bに準拠
<期間D>
・全ての日において休業した場合のみ、休業での申請が可能
・20時までの時短営業(酒類・カラオケの提供なし)を行った場合、時短での申請となります
 (休業した日と時短営業した日がある場合、全て時短扱い)
期間の全日、酒類・カラオケ設備を提供しないことが要件
支 給 額
  【中小企業】 【大企業】
時短 2.0~7.0万円/日(期間A・B)
2.5~9.5万円/日(期間C)
3.5~9.5万円/日(期間D)
最大19.0万円/日(期間A・B)
最大19.5万円/日(期間C・D)
休業 2.5~7.5万円/日(期間A・B)
3.0~ 10万円/日(期間C)
4.0~ 10万円/日(期間D)
最大19.5万円/日(期間A・B)
最大20.0万円/日(期間C・D)

<早期給付申請について>
 協力支援金の一部を早期給付する制度です。1店舗当たり61万円(一律)を給付
  ※ まん延防止等重点措置の適用により給付額が変更されました

申請受付 令和3年9月13日(月)~10月29日(金)
※ 早期給付の申請受付は終了しました

当協力支援金の詳細についてはこちらをご覧ください。
※ 9月13日(月)より公式ホームページが公開されました

 

<お問い合わせ先>
 広島県協力支援金センター
 TEL:082-248-6851
 月・水・金:9時30分~20時
 火・木・土:9時30分~17時 ※日・祝は除く