広島県では、従来の「広島積極ガード店」に加え、「広島積極ガード店ゴールド認証制度」を開始します。
新制度は、飲食店が新型コロナ感染症への対策をしっかり実施できているか、第三者が確認するものです。
この認証を取得していることが、将来「まん延防止等重点措置」区域に指定された際、酒類の提供支援金申請
要件になる可能性があります。

申請方法 <「広島積極ガード店」に登録済み>
 申請の必要はありません。8月中を目処に現地調査を行い、認証基準の適合を審査します
<「広島積極ガード店」にまだ登録していない>
 ①「広島積極ガード店」に登録(登録はこちら
 ②県の電子申請システム、もしくは郵送・FAXにより「広島積極ガード店ゴールド認証」の
  申請を行う
 ③現地確認の実施

※現地確認について、日程調整はできません。また、事前連絡も行いません
事前にセルフチェックシートによる確認を行ってください

認証の流れ ・調査員が「広島積極ガード店」登録店舗を個別訪問
・認証基準(全25項目)をもとに店内の感染防止対策をチェック
・基準に適合していれば認証ステッカーを交付
 (不備がある場合は改善内容を助言)
・認証後、店舗名を県ホームページで公表
認証基準 「広島積極ガード店」の対策項目の一部に数値基準を追加した認証基準(全25項目)について、
セルフチェックシートに基づく自主確認を行い、記録を保存
セルフチェックシートはこちら
特に国が重要事項としている一定の要件(下記)については必ず対策を取る必要があります。
            【一定の要件とは】
・アクリル板等の設置(もしくは座席の間隔の確保)
・手指の消毒の徹底
・食事中以外のマスクの着用推奨
・換気の徹底
・4人以下の利用(まん延防止等重点措置期間中は原則1グループのみ)

当制度の詳細についてはこちらをご覧ください

<お問い合わせ>
 広島積極ガード店ゴールド認証事務局
 TEL:082-546-1280  FAX:082-541-1220
 (受付)9時30分~12時、13時~17時30分 土日祝除く