尾道観光俳句とは

尾道観光俳句とは

昭和58年4月に、全国の方へ尾道を詠んでいただこうと俳句塔(ポスト)を設置しスタートしました。現在、千光寺公園3カ所・浄土寺・西国寺・向島 尾道渡船前・瀬戸田サンセットビーチの計7カ所に俳句塔を設置し、投句いただき、年4回の選句会を開催しています。

<俳句塔(ポスト)設置箇所>

地図

 

選句会・賞について

第1回 7月(4~6月投句分) 大人の部より10句、ヤングの部より3句を選句
第2回 10月(7~9月投句分) 大人の部より10句、ヤングの部より3句を選句
第3回 1月(10~12月投句分) 大人の部より10句、ヤングの部より3句を選句
第4回 4月(1~3月投句分) 大人の部より10句、ヤングの部より3句を選句
年間賞 1~4回入賞句の中から年間賞3句(最優秀賞1句・優秀賞2句)を選句

受賞者への記念品

1~4回入選者 受賞メダル
年間賞入選者 賞状と記念品(最優秀賞2万円、優秀賞1万円相当の品)

 年間賞受賞者は、「文学のこみち」へパネルを作成し掲示しています。

選者

  • 鷹羽狩行(たかはしゅぎょう)先生
    社団法人俳人協会会長(H20.蛇笏(だこつ)賞受賞・H27.日本芸術院賞受賞)

共催

尾道商工会議所・尾道しまなみ商工会